突然始めた就職活動

  • 2017.02.11 Saturday
  • 13:16

 

 

大学3年生の春休みも終わろうとしている頃

 

家の電話がトゥルルル、、と鳴ったので出てみたら

当時アルバイトしていたアパレルメーカーの経理の方からでした。

 

 

「うちの会社、昨日倒産したんです。

もう来なくていいので、これまでのアルバイト代はXXに電話して請求してください。」

 

 

 

え?汗

 

 

えーーーー???汗

 

 

 

 

 

もともと洋服が大好きで大好きで

学生時代は、好きな服をデザインして、パターンを切って、

自分で着る服を作ってたくらいでした。

 

 

普通の大学に通いながら、デザインの専門学校に通って

デザイナーを目指してアメリカのデザイン専門の大学院に留学する準備をしてた時のことでした。

 

 

「私のアルバイト代なんて、2万円くらいだし

正社員で家族がいる人はどうなっちゃうんだろう???」

 

と、学生ながらに考えて

結局アルバイト代請求はしないままでした。

 

 

 

 

その電話の数ヶ月前、アルバイト中にその会社の営業さんで素敵な低音の声の持ち主で

声を聞くだけでうっとりしちゃうような人がいたのですが、

 

 

 

ある日その人に言われた一言がありました。

 

 

営業さん:「こういう仕事、好きなの?」

私:「大好きです!矢印

営業さん:「そうしたら、仕事にしない方がいいよ。」

 

 

 

え????

 

 

 

まだ大学3年生だった私は

 

「なんで???」

 

と意味が全くわからないでいました。

 

 

 

 

 

アルバイト先が倒産したと聞いて

ふとその営業さんの一言が聞こえて来て

 

 

 

じゃあ、留学はまず自分でお金を貯めてからにしよう!!

 

 

 

と思い大学4年の4月から急遽就職活動を開始。

全く一からだったので、資料請求からはじめたものでしたっ。

 

 

お金を貯めるなら外資系の金融かなあ・・・

と、何も知らないのに漠然としたイメージで面接に!

 

 

今振り返れば、ずいぶんと無謀でした。。。。汗

 

 

そして、たまたま運良く超売り手市場だったので

何社かすぐ内定が出て、当時は会社名を言っても

わかってくれる人がほとんどいなかった

リーマン・ブラザーズという会社に就職しました。

 

 

アルバイト先が倒産するという経験を

そのタイミングでしてなかったら

今の自分はいないなあと、よく思います。

 

 

 

不思議なものです。

 

 

 

 

一見悪いと思える出来事が起きても、

それがかえって良いきっかけになる事って結構あります。

何事にも前向きに感謝ですねき

 

 

 

たぶん、ここで私のライフテーマは変わったと思うのですが

それはそれで良しです!

 

 

 

 

この話をすると

 

「デザイナーの夢はいいの?」

 

と聞かれます。

 

 

 

そこはまたそれから何年も経ってから

不思議な出会いに恵まれ

私としては納得が出来たのです。

 

 

 

 

それについては、別の時に書こうと思いま〜す!あひゃネコ

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM