最初の会社はリーマン・ブラザーズ

  • 2017.02.13 Monday
  • 23:12

 

 

前回の「突然初めた就職活動」で書いたように

そもそも就職する気が全くなかった私が

4月から活動を初めて5月の終わりには

外資系金融2社から内定をもらえていました。

 

 

それは、ひとえに超売り手市場という時代に

恵まれていた事以外のなにものでもありませんっDocomo_kao8

 

 

 

お仕事は、始まってみればとっても面白く

私は株式先物のトレーディングデスクに配属され

最初の数年はアシスタントトレーダー。

 

その次はアメリカでファンドを運用してる人を担当させてもらいました。

 

そのお客様は気さくな大富豪で仲良くしてくれて

休暇を取ってアメリカの家に遊びに行って

日本ではまず見る事のないポロを見せてもらったりしました!

 

 

(写真はイメージです!)

 

 

そうして、

 

 

大変ながらも楽しく毎日を過ごしているうちに

あっという間に4年が経っていました。

 

 

 

そんなある日、上司にこう聞かれました。

 

 

 

「しょうこは、これからどうしたいの?

 

 

トレーダーとしてやって行きたいの?

 

もしトレーダーとして続けるのだったら

自分でポジション持って、判断して、

夜も眠れない事もあるかもしれないけど

 

 

その覚悟はあるの?」

 

 

 

と。。。。

 

 

 

私は思わず黙ってしまいました。

 

 

 

当時の上司だったTJは台湾人で

話し方はぶっきらぼうでしたが本当に優しい人。

 

 

 

今、答えなくていいから考えなさいと言ってもらい

家に帰って一人で考えて、考えて、考えて。

 

 

 

そして出した結論は、いつか行きたいと思ってた

 

 

 

「留学」

 

 

 

外国で勉強してそれから営業的な仕事がしてみたい!

 

 

 

と、強く思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

それから、ずいぶん長い年月が経ちました。

 

 

先日、台湾にいるTJから出張で東京に行くと

連絡があり久しぶりに会ったので

 

 

 

「TJにあの時

『しょうこはこれからどうしたいの?』

って聞かれて、リーマンを辞めたんだよね〜。」

 

 

って冗談っぽく言ったら

 

 

TJはニヤリと微笑んで嬉しそうに

 

 

「結果的に正解だったじゃないですか!」

 

 

と、笑って言ってくれました。

 

 

 

「覚悟はあるの?」

 

 

 

まだまだ社会人になって数年の私に対して

本気でこんな厳しい問いかけをしてくれたTJに大感謝です!!

 

 

 

正直、あの時は何もわかってなかったけど

 

 

改めて

 

 

とても大事な事だと思いましたきき

 

 

 

 

本当にありがとう。

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM